地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、東村山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

東村山の地域情報サイト「まいぷれ」東村山市

東村山の建物探訪

東村山30景『野火止用水 水車苑』

まいぷれスタッフが東村山恩田町水車苑の魅力をレポート!

この記事は、合同会社フォレストエイトの提供でお届けいたします。
恩多野火止水車苑

命の源が恩田町に ~水車のざっくり史~

人が生きるために絶対に欠かせないのが水。水が世界の歴史を動かしてきたといっても過言ではないですね。

 

日本でも水を巡り多くの事案が起きていますが、西武線終点の川越は海からも遠く、新河岸川などの人口川を造り農地に豊かな水を与えてきました。

江戸幕府の老中でもある川越藩松平伊豆守により、人口川であった玉川上水から分水し、野火止用水を川越まで引きました。

総延長25キロ! 当時の人手による工事の大変さは想像に余りありますが、工事した方はとても真剣だったでしょう。

 

因みに、野火止が分水してもらった玉川上水も、発端は多摩川から東京四谷までの人口川。玉川上水の水は江戸の町々に木桶を用いて配られ、大いに威力を発揮していました。

特に井戸頼りであった火事による災害時には大いに力を発揮したことでしょう。

 

ところで、江戸で大いに威力を発揮した玉川上水、野火止用水も、関東の一隅にひっそりとある東村山は、当初何の恩恵もありませんでした。水を巡る権利争いは洋の東西を問わず命を懸けた熾烈な戦いの元ともなります。

しかし、知恵者はどこにでもいるものです。戦わずして用水をゲットしたのです。

天明2年(1782)、醸造酒の精米を目的に川越藩から水を得ることをお願い。酒造りの水という名目で許可された分水が、東村山・小平などの農地を大いに潤した結果となりました。まさに知恵の勝利ですね!

 

当時、用水を命じたのが「知恵伊豆」の別名で知られる松平伊豆守ですが、実はわが東村山音頭の5番の歌詞にしっかりと謳われています。ご存じの方も多いでしょう。

 

~言わず語りに 伊豆殿堀よ ソレヤレソレ~

 

水のありがたさを知り尽くした松平公への感謝を込めた歌詞ですね。


この歌に登場するのが、東村山市恩田町にある「水車苑」です。

 

かけ足で水車苑の歴史を述べましたが、実際に訪れてみましょう。

恩田町の水車苑

東村山は実は自然と散策地の宝庫。

 

大規模な散策地と違って、ほんとにこじんまりとしているのが、この水車苑です。

写真と一緒に楽しんでくださいね。

恩田野火止水車苑の掲示板

平成3年に掲載された野火止水車苑の掲示板。

水車は世界中にあり、人類の知恵の遺産として、動力源として非常に優れた構造です。

水車がわが東村山市にもあるのは嬉しいですね。

恩田野火止水車苑の巨岩と水車

この巨岩と水車の組み合わせがダイナミック感満載!

新たに修復された水車の輪の直径は2mを超す大きさで、当時の水車職人の技の巧みさを感じます。

動かなければ水車は失敗、水が無くても動かない、水車を設置する場所も、相当に考えての成果だと思えます。

恩田野火止水車苑の東屋

水車苑にはこんな素敵な東屋がありました。ひと休みするのに将にぴったり。

ここで周囲の風景を楽しみつつ、ペットボトルの温かいお茶で休憩しました。

恩田野火止水車苑のせせらぎ

ん? ここは京都?

そんな感じを一瞬覚える水車苑。

静謐で心が洗われる一瞬です。

それにしても水と樹木と石って、なぜこんなに相性がいいのでしょうか。

石に守られ、樹に癒され、水に思いを馳せる、そんなひと時。

恩田野火止水車苑の水車小屋

巨石と反対側から見た水車小屋。

小屋の中はどうなっているのか見てみたい!

昔は何が置いてあったのでしょうね。そんな想像をするのも楽しいです。

恩田野火止水車苑の用水路

こんなに綺麗な水があるなら、ワサビを植えてみたいなぁ。

東村山市特産ワサビ「水車ワサビ」なんてどうでしょうか。

恩田野火止水車苑の東屋から見た水車小屋

東屋から見た水車小屋。

ここで足を止めずに左から奥へどうぞ!

素晴らしい場所が開けます。

東村山には多くの散策コースがあります。

 

水車苑も是非、散策コースに加えてくださいね。

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

  • 東村山30景『野火止用水 水車苑』

    まいぷれスタッフが東村山恩田町水車苑の魅力をレポート!

    「東村山の建物探訪」第一弾は『恩田野火止水車苑』を写真とともにレポート! 写真映えするので、カメラを… [PR]

PICK UP 東村山のお店 ~グルメ~

人気のキーワード