地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、東村山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

東村山の地域情報サイト「まいぷれ」

宝珠寺の延命地蔵

史跡・石碑・石像

市内で最も古い石造地蔵「宝珠寺の延命地蔵」

042-396-3800042-396-3800地図を見る
ケータイ・スマホで見る
「宝珠寺の延命地蔵」市内で最も古い石造地蔵「宝珠寺の延命地蔵」
左手に宝珠、右手に錫杖を持つ、市内では一番古い石造地蔵菩薩立像である。1668年(寛文8)に「廻田村善男女十一人」によって造立されたものである。17世紀も半ばを過ぎると、村人の手でこうした信仰の石造物がつくられるようになり、農民の生活にも少し余裕が出てきたと言われている。
名称宝珠寺の延命地蔵
フリガナホウシュジノエンメイジゾウ
住所189-0025 東村山市廻田町3-23
アクセス西武多摩湖線武蔵大和駅より徒歩3分
西武国分寺線東村山駅西口より立35系・立35-1系・東大和35系に乗り、廻田町三丁目バス停下車徒歩1分
電話番号042-396-3800
(東村山ふるさと歴史館)
公開時間終日
休みなし
ジャンル
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

近くのお店・施設
お店・施設を探す