地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、東村山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

東村山の地域情報サイト「まいぷれ」

災害時における無人航空機を活用した支援活動等に関する協定

更新日:2018年4月27日

「災害時における無人航空機を活用した支援活動等に関する協定」の締結

 平成30年4月25日に、NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパンと「災害時における無人航空機を活用した支援活動等に関する協定」を多摩地域の14市で締結しました。


協定締結式のようす


実際に使用されるドローン

協定の内容

 東村山市内において災害が発生し、緊急に支援活動が必要になった場合に、相互の協力体制を円滑に進めるための協定です。実際に災害等が発生した場合に行われる活動は、以下のとおりです。

  1. 無人航空機(ドローン)による被災状況の調査
  2. 無人航空機(ドローン)により撮影した情報を市へ提供
  3. 取得した情報を基に被災状況を反映した地図(オープンストリートマップを利用)を作成
  4. 作成した地図データを市へ提供するとともにインターネット上に公開

締結の意義

 東村山市は、近年は市内で大きな災害は発生していませんが、M7クラスの直下型地震発生の可能性を抱えています。
 この協定の締結により、次のような効果が見込まれます。

  • 大規模災害で道路が寸断された際にも、市内の状況を把握することが可能になります。
  • 災害発生から数時間で地図の提供を受けられるので、早急な対応が可能になります。
  • ボランティアの皆様によって構成されている団体であるため、大規模災害発生時に市の職員のマンパワーが不足する際にも対応が可能となります。
本文ここまで