地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、東村山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

東村山の地域情報サイト「まいぷれ」

令和元年台風第15号・台風第19号による一部損壊住宅の補修支援事業

更新日:2020年2月4日

令和元年台風第15号及び台風第19号による被災住宅の補修工事の費用の一部を助成します

補助金額

  1. 30万円
  2. 補修工事にかかる経費の2分の1
  • 1または2のいずれか低い方の額

対象となる工事

令和元年台風第15号又は第19号により被害を受けた住宅の屋根等の部分、ドア等の開口部、上下水道等の配管及び配線、トイレ等の衛生設備その他日常生活に必要欠くことのできない部分であって、緊急に応急修理を行うことが適当な箇所について実施される補修工事

(注記)詳細は環境・住宅課に相談してください。

対象となる住宅

被害を受けた住宅の「り災証明書」の判定結果が「一部損壊」であるもの

補助の主な要件

  • 東村山市民
  • 現に自己が所有し、かつ、自己が居住する被災住宅の補修工事

手続きの流れ(既に着手済のものや、完了したものについても、補助の対象となります)

手続きの流れ
通常の流れ 既に工事着手していたり、完了している場合

1.事前相談
2.工事業者と相談(見積等)
3.交付申請書 提出
 提出期限:令和2年2月21日まで
4.交付決定
5.工事着手
6.工事完了(工事費用の支払)
7.工事完了報告書 提出
 提出期限:令和2年2月28日まで
8.補助金額の確定
9.補助金の請求
10.補助金の受領

1.事前相談
2.交付申請書と工事完了報告書 提出
 提出期限:令和2年2月28日まで
3.補助金額の確定
4.補助金の請求
5.補助金の受領

申請に必要な書類

申請に必要な書類
交付申請書
  • り災証明書の写し

(注記)り災証明書の申請にあたっては、(1)本人確認書類(免許証、パスポート、健康保険証など)(2)認印(3)被災物件の写真(被災される前、被災された後双方の写真)をご用意ください。り災証明書の申請についてはこちら。

  • 住宅の所有権者が分かる書類
  • 補修工事着手前の住宅の被災状況が分かるカラー写真
  • 補修工事の箇所及び内容がわかる図面
  • 補修工事の見積書の写し(参考様式有り)又は工事代金の内訳が分かる資料
  • 資力に関する申出書(参考様式有り)

(注記)既に工事着手・工事完了していて、資料が揃わない場合は環境・住宅課に相談して下さい

完了報告書
  • 補助対象工事の契約書、領収書及び費用明細書(契約変更がある場合)の写し
  • 補助対象工事の工事完了カラー写真

規則及び申請書等

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで