地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、東村山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

東村山の地域情報サイト「まいぷれ」

ろけぷれ!

「北の国から」 総決算編!!

チャバ板五郎! 遂に黒板五郎に会いに行く!!

茶柱:拝啓、けいこちゃん。これまでPART1、PART2と怒濤の「北の国から」ろけぷれ!をお送りして参りました訳で、今回「北の国から」総集編として、これまで紹介できなかった「北の国から」の特別編ならびに縁の地をたっぷりとご紹介していきたいとおもったりするわけで……。

ナカ:…………。

茶柱:ナカの無言が怖いわけで……。

ナカ:ちッ。

茶柱:あ、舌打ちされてしまったと思われ……。

ナカ:先生、早くはじめてください!

茶柱:今、ぼくもそう思ったわけで。早くはじめるんでないかい?
ナカ:純と草太にいちゃん混じってるし、しかも文法滅茶苦茶だし。

茶柱:るーるるる~~~~

ナカ:キタキツネ呼んでる場合じゃないっすよ!

茶柱:てなわけで「北の国から」総決算!はじまる訳で。とにかく本作は国民的なドラマで通算製作年数が20年にも渡るちょ~~スーパーで凄ぇえドラマでした。なわけで。と思われ……。

ナカ:まあ、その表現はともかく。確かに素晴らしい感動をお茶の間に与えてくれましたね。

茶柱:これまでそのロケ場所を訪ねてきましたが最後の作品となった「遺言」の舞台が富良野、麓郷にまんま保存されているのでご紹介します。
こんばんみ~チャバ板五郎です。広大な敷地に2002年製作された「遺言」のセットが立ち並ぶわけで……。
こんばんみ~チャバ板五郎です。広大な敷地に2002年製作された「遺言」のセットが立ち並ぶわけで……。
ナカ:へえ、当時と同じ、そのままの建物がずっと保存されているというわけですか?

茶柱:そうなんです。まずはこちらから。
ナカ:あ、これはみたことあります。確か雪子おばさんの家ですよね。
茶柱:オブコース!オフコースは小田和正! さよなら~~~~。さよなら~。

ナカ:いよっ! 夏でもクーラーいらずな、クールギャグ。

茶柱:乗せるなっつの!
ということで、五郎さんが拾ってきたものや廃材などで建てたすんばらしいおうちなのだ!

ナカ:本当に凄い家ですね。

その家の中。まるで雪子さんがいるみたいだしょ~。生活感ありありなおうち。

茶柱:本日雪子さんはいませんでした。

ナカ:おでかけですか?

茶柱:たぶん仕事場のニングルテラスに出かけているんだと思われ……。

ナカ:まるでドラマが続いているみたいな空間ですね。

茶柱:そう、そうそう、そう。倉本聰!

ナカ:せんせい。読者のみなさんひいてますよ!

茶柱:船?曳く? それともリヤカーでもひく? 

ナカ:あたしは、風邪ひきそうです。あんまりさぶいんで……。

五郎さんが住んでいた家
五郎さんが住んでいた家
茶柱:めげずにいきます。でもって、こちらがかつて五郎さんが住んでいた家です。
酒み~っけ! 五郎さんらしいねえ~

ナカ:懐かしいですね。ところで先生。黒板五郎さんにはお会いできたんですか?

茶柱:いや~~きっちりアポとっていったんですけどね~~。残念ながら五郎さん出かけちゃったみたいでさ~。
もう、五郎さんったらちゃんとメールしたやん!え? こごみさんに会いに行った?(茶柱誰と話してるの図)
もう、五郎さんったらちゃんとメールしたやん!え? こごみさんに会いに行った?(茶柱誰と話してるの図)